妊婦のつれづれ

30歳にして初めての妊娠。日々爆走。

今更ながら戌の日は水天宮で 37週0日目

今更感が強いのですが、妊娠4ヶ月目に東京日本橋の水天宮にて戌の日のお参りに行ったことを記録としてアップしておきます。

 

f:id:tokyoduck:20170602191048j:plain

新しくなった神社です。

この日は戌の日ではない2017年1月の土曜日。そもそもなぜ妊娠4ヶ月目に神社に参ったかというと、5ヶ月目の最初の戌の日は私の実家で腹帯を締めてもらおうと思い、その前に神社で腹帯を祈祷してもらいたかったのです。そして、水天宮はとても人気だとのことで、戌の日は長蛇の列で2時間、3時間も待つ可能性があるとの情報が。(特に土日はより混むとのこと。)寒い中外で立ったまま待つのは正直しんどいと思い、戌の日にお参りではなく、戌の日の前にお参り→戌の日に腹帯を締める儀式にしようと考えたわけです。

 

実際に水天宮に行った際、戌の日ではなかったのに結構な人がいました。

ただ、受付をして5分ほどですぐに境内に上がれたので、人は多かったのですが、かなり空いていたのだと思います。

また戌の日だと、妊婦本人しか境内に上がれないとのことですが、それ以外の日であれば付き添いの人も一緒に境内に上がれます。席に座るのは妊婦だけで、付添人は後方で立っていました。

 

f:id:tokyoduck:20170602191114j:plain

「子宝いぬ」写真スポットになっていました。

f:id:tokyoduck:20170602191140j:plain

入口階段を上がってすぐの狛犬さん。かっこいい。

f:id:tokyoduck:20170602191208j:plain

安産祈祷をお願いしたのですが、5000円納める形となります。腹帯もこちらで入手しようとすると+4000円です。私は少しでも節約と、イオンでさらしを購入し、社殿で祈祷してもらいました。戌の日の場合は神棚に置いて祈祷してもらえるそうですが、戌の日ではなかったため、「膝の上に置いてください。」という説明でした。印なども押されず、ただ、膝の上に置いて祈祷を受ける状態でした。

f:id:tokyoduck:20170602191236j:plain

こちらは神社隣の待合スペースとなっている建物です。かなり広い待合スペースでしたが、空きがないほど人で埋め尽くされていました。

f:id:tokyoduck:20170602191255j:plain

待合スペースで展示されていた腹帯のリメイク品。

f:id:tokyoduck:20170602191328j:plain

ちょっとした物販も待合スペースに。

f:id:tokyoduck:20170602191354j:plain

待合スペースに入る為の入口。左側が待合スペース。右側が受付になっていました。

 

f:id:tokyoduck:20170630113350j:plain

水天宮で頂いたもの。

御神酒、安産御神札、お参り日記、水天宮のパンフレット。

小さなお子様がお母様といっしょに参列する際、子供が喜びそうなものを何かプレゼントしていました。

f:id:tokyoduck:20170630113439j:plain

f:id:tokyoduck:20170630113455j:plain

f:id:tokyoduck:20170630113515j:plain

f:id:tokyoduck:20170630113531j:plain

御神酒がとても可愛らしいので色々な方向から写真を撮ってみました。

f:id:tokyoduck:20170630113545j:plain

祈祷していただいたさらしです。イオンで1,300円。

戌の日当日に母に帯締めを行ってもらいました。ただ、こちらは長かった為、半分に切って使用しました。

 

夫の実家は関西のため、戌の日のお参りは私たち夫婦だけで、帯締めは私の実家で行いました。

両家家族みんなで祈祷を受けている方たちもいて、少し羨ましかったです。

 

水天宮は予約なく祈祷をしてもらえるので、気になる方は是非訪れてみてください。

www.suitengu.or.jp